Blog Archives

Peter Norvigに学ぶ効果的なオンライン学習の秘訣

Google で Director of Research を務める Peter Norvig が Stanford 大学でで行なっている人工知能のクラスをオンライン(Introduction to Artificial Intelligence)で行った時の体験を TED でゆるく講演していたので、その簡単なメモ。 Peter Norvig : The 100,000-student classroom http://www.ted.com/talks/peter_norvig_the_100_000_student_classroom.html In the fall of 2011 Peter Norvig taught a class with Sebastian Thrun on artificial intelligence at

Tagged with: , ,
Posted in life

rworldmap:Mapping Worldwide Suicide Rates

R Journal Volume 3/1, June 2011 で位置データを可視化する “rworldmap” という R パッケージが紹介されていた。 Andy South : rworldmap: A New R package for Mapping Global Data. The R Journal Vol. 3/1, June 2011. ISSN 2073-4859 rworldmap は R プログラムが本職でない人でもお手軽に使えるよう設計されており、同解説記事では rworldmap のビジョンが次のように宣言されている。 The vision

Tagged with: , , , ,
Posted in life, R

[R]Play with ggplot2 Part 02 “error bar”

ggplot2 になれるために、いろいろいじってみる。今回のテーマは error bar。mean は geom_bar/geom_point それぞれでグラフ化。 国立がん研究センターのがん情報サービスで公開されている 5年相対生存率 のデータをもとに、以下をグラフ化。 部位別がん患者5年相対生存率(主要部位) 部位別がん患者5年相対生存率(詳細部位) 出典 厚生労働省がん研究助成金「地域がん登録精度向上と活用に関する研究」平成16年度報告書 Tsukuma H, Ajiki W, Ioka A, Oshima A, and Research Group of Population-Based Cancer Registry of Japan, Survival of cancer patients diagnosed in 1993-96: collaborative study

Tagged with: , , , , ,
Posted in life, R

[R]Play with ggplot2 Part 01 “barplot”

ggplot2 になれるために、いろいろいじってみる。 National Cancer Institute で公開されている “Epidemiology and End Results (SEER) “ のデータをもとに、以下をグラフ化。 5-Year Relative Survival (Percent) by Year of Diagnosis(5年相対生存率) Stage Distribution (%) 1999-2006c, Case Counts and Percentages(発見時のステージ分布) 5-Year Relative Survival (Percent) 1999-2006c by Stage at Diagnosis (ステージ別5年相対生存率) 選んだ癌は次の3つ。(深い意味なし)

Tagged with: , ,
Posted in life, R
Archives

Error: Twitter did not respond. Please wait a few minutes and refresh this page.