Blog Archives

Redisのレイテンシを計測

やりたいこと Redis に TCP でコマンドを投げた時 DNS Lookup -> Initial Connection -> Request Sent -> Waiting(TTFB) -> Content Download というような流れで処理される。 この一連の流れで Redis の内部処理にかかった Waiting(TTFB) を除く通信の時間を計測する方法をメモ。 通信のレイテンシ Redis には疎通確認向けのコマンド PING がある。 クライアントがこのコマンドを実行すると、サーバーは PONG を返すだけ。 このコマンドに対してサーバー(Redis)の処理は極めて軽微なため、PING を実行してから PONG がかえってくるまでの時間をレイテンシとみなして計測するのが次のコマンド。 上の例で言えば 103 回 PING

Tagged with: ,
Posted in middleware
Archives