Blog Archives

Redisのレイテンシを計測

やりたいこと Redis に TCP でコマンドを投げた時 DNS Lookup -> Initial Connection -> Request Sent -> Waiting(TTFB) -> Content Download というような流れで処理される。 この一連の流れで Redis の内部処理にかかった Waiting(TTFB) を除く通信の時間を計測する方法をメモ。 通信のレイテンシ Redis には疎通確認向けのコマンド PING がある。 クライアントがこのコマンドを実行すると、サーバーは PONG を返すだけ。 このコマンドに対してサーバー(Redis)の処理は極めて軽微なため、PING を実行してから PONG がかえってくるまでの時間をレイテンシとみなして計測するのが次のコマンド。 上の例で言えば 103 回 PING

Tagged with: ,
Posted in middleware
Archives
  • RT @__apf__: How to write a research paper: a guide for software engineers & practitioners. docs.google.com/presentation/d… /cc @inwyrd 6 days ago
  • RT @HayatoChiba: 昔、自然と対話しながら数学に打ち込んだら何かを悟れるのではと思いたち、専門書1つだけ持ってパワースポットで名高い奈良の山奥に1週間籠ったことがある。しかし泊まった民宿にドカベンが全巻揃っていたため、水島新司と対話しただけで1週間過ぎた。 それ… 3 weeks ago
  • RT @googlecloud: Ever wonder what underwater fiber optic internet cables look like? Look no further than this deep dive w/ @NatAndLo: https… 3 weeks ago
  • @ijin UTC+01:00 な時間帯で生活しています、、、 6 months ago
  • RT @mattcutts: Google's world-class Site Reliability Engineering team wrote a new book: amazon.com/Site-Reliabili… It's about managing produc… 9 months ago