PostgreSQLのnow()はトランザクションの開始時刻を返す

PostgreSQL の Date/Time 関数

PostgreSQL の日付/時間計系関数の時刻は

  • 評価した日時
  • トランザクションの開始日時

の2種類がある。

前者の例としては

  • clock_timestamp()

後者の例としては

  • CURRENT_TIMESTAMP # literal
  • now()
  • transaction_timestamp()

などがある。

前者の場合、clock_timestamp() を評価するたびに、評価した日時が返される。
後者の場合、同じトランザクション内であれば、同じ日時が返される。

多くの日付/時間系関数が後者のような仕様になっている理由について、マニュアルでは次のように記載されている。

9.9. Date/Time Functions and Operators

Since these functions return the start time of the current transaction, their values do not change during the transaction. This is considered a feature: the intent is to allow a single transaction to have a consistent notion of the “current” time, so that multiple modifications within the same transaction bear the same time stamp.

http://www.postgresql.org/docs/current/static/functions-datetime.html#FUNCTIONS-DATETIME-CURRENT

Python/psycopg2 での挙動

Python の PostgreSQL バインディングの psycopg2 では SELECT を含めて SQL を実行すると、トランザクションを開始し、commit するまで idle in transaction (waiting for client inside a BEGIN block) モードになるのがデフォルトの挙動。

Transactions control

In Psycopg transactions are handled by the connection class. By default, the first time a command is sent to the database (using one of the cursors created by the connection), a new transaction is created. The following database commands will be executed in the context of the same transaction – not only the commands issued by the first cursor, but the ones issued by all the cursors created by the same connection.
http://initd.org/psycopg/docs/usage.html#transactions-control

idle in transaction モードでは、何回 now() を呼び出しても、同じトランザクション内なので、同じ日時がかえってくる。

トランザクションを開始しないようにするには、コネクションの分離レベルを ISOLATION_LEVEL_AUTOCOMMIT にするか autocommit プロパティを True にする。

conn.set_isolation_level(psycopg2.extensions.ISOLATION_LEVEL_AUTOCOMMIT)
conn.autocommit = True

元の挙動に戻すには、コネクションの分離レベルを ISOLATION_LEVEL_READ_COMMITTED にするか、autocommit プロパティを False にする。

conn.set_isolation_level(psycopg2.extensions.ISOLATION_LEVEL_READ_COMMITTED)
conn.autocommit = False

分離レベルを調べる

現在のセッションの分離レベルを調べるには、次のようにする

test => select current_setting('transaction_isolation');
 current_setting
-----------------
 read committed

References

Advertisements
Tagged with: , ,
Posted in database

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Archives
%d bloggers like this: