exit()と_exit()の違い

_exit(2) と exit(3) の明確な違いは、終了時に atexit(3)on_exit(3) で登録した関数が呼ばれるかどうか。_exit は呼ばれないし exit は呼ばれる。

もう一つは、バッファされた標準入出力データを終了時にフラッシュするかどうか。exit では必ず flush され、_exit ではシステム依存だけれども、一般に flush されない。

たとえば、fork するとバッファされたデータが親から子にコピーされる。このデータを親子が flush すると、同じデータが重複して出力されてしまう。
この重複フラッシュ問題を回避するために、 子プロセスでは _exit(2) で抜けるのがお作法みたい。

ミニマムな再現コードは以下

import os
import sys
import time

sys.stdout.write('[before fork]')
pid = os.fork()
if pid > 0: # parent process
    sys.stdout.write('[parent process]')
    time.sleep(5)
    sys.exit(0)
else: # child process
    sys.stdout.write('[child process]')
    # sys.exit(0) # flushed twice !
    os._exit(0)

_exit すれば、出力内容は “[before fork][parent process]“となるし、exit すれば、子プロセスのフォーク前後のバッファが出力されるため、出力内容は “[before fork][child process][before fork][parent process]” となる。

Advertisements
Tagged with: , ,
Posted in linux

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Archives
%d bloggers like this: