Set Environment Variables in R

R で環境変数を設定

R で環境変数を設定するには環境設定ファイル内でKEY=VALUE形式で指定するとよい。

環境変数は次の3つのレイヤーで指定できる。

  1. user specific
  2. site specific
  3. system specific

Windows では system レベルの指定が出来なかったり、OS によりパスが異なる。
また、オプション(–vanilla/–no-environ)を与えて特定の環境変数ファイルを読み込まないようにすることもできる。
Windows/Unix 環境を対象にこれらをまとめたのが次の表。(click to enlarge)

パッケージのサーチパスを環境変数で定義

R でマイナーアップグレードする際(たとえば 2.13.1  から 2.13.2)、マイナーバージョン間でパッケージのサーチパスを共有しておけば、インストール済みのパッケージを一から再インストールしなくてすむ。
環境変数 R_LIBS でパッケージのサーチパスを設定できるので、この値をRの環境変数設定ファイルにKEY=VALUE形式で記載すればよい。

D:\R\R-2.13.2>type etc\Renviron.site
R_LIBS="D:/R/lib-2.13"

関連ソースコード

  • src/main/Renviron.c::process_user_Renviron
  • src/main/Renviron.c::process_site_Renviron
  • src/main/Renviron.c::process_system_Renviron
  • src/unix/system.c::Rf_initialize_R
  • src/gnuwin32/system.c::R_SetWin32/cmdlineoptions
Advertisements
Tagged with: ,
Posted in R

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Archives
%d bloggers like this: