Prospects and Challenges for CRAN at ISM

14:10-15:10 Prospects and Challenges for CRAN  — with a glance on 64-bit Windows binaries by Uwe Ligges
Prof. Uwe Ligges (Technische Universitat Dortmund, Germany)

R のパッケージ登録・管理にまつわる話。

R パッケージのレポジトリ
* cran
* bioconductor
* Omega Hat
* R-Forge

パッケージが更新されるたびに、依存パッケージに影響がでていないか、テストする必要がある。

依存関係は次の2種類がある。
* 他のパッケージを依存している
* 他のパッケージから依存されている

中でも、次の2つのパッケージは多くのパッケージから依存されている。

依存テストでエラーがあると、メール通知される。

CRAN Package Check Results (WEBのテスト結果画面)
2008 年までは、多くの依存関係があるパッケージも、こけることはなかった。原因不明
近年は、エラーになるパッケージが多い。

igraph

パッケージの依存関係は igraph パッケージを利用している。
Routines for simple graphs and network analysis. igraph can handle large graphs very well and provides functions for generating random and regular graphs, graph visualization, centrality indices and much more.
http://igraph.sourceforge.net/
http://cran.r-project.org/web/packages/igraph/index.html

自動テストについて

講演が終わった後で、へぼへぼの英語で個別に質問してみた。

自動テスト(CI)は builidbot/hudson のような専用ツールは使っていない。
手製の R スクリプトを cron で走らせているだけ。

また、コミットごとにテストが走るなんてこともしていない。”too time-consuming”。(たしか、1回のテストで数時間はかかるというような話だった)

Advertisements
Tagged with: , , , ,
Posted in R, report

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Archives
%d bloggers like this: