diff で比較を行う場合、比較対象となるファイルが見つからない場合、次のように”No such file or directory”とエラー出力される。

$ mkdir diff-N-test
$ cd diff-N-test
$ echo abc > a
$ diff -u a b
diff: b: No such file or directory

このような場合は -N オプションを指定することで、空の対象ファイルが存在するものと仮定した上で、差分表示させることが可能。

$ diff -uN a b
--- a   2009-10-25 11:12:47.000000000 +0900
+++ b   1970-01-01 09:00:00.000000000 +0900
@@ -1 +0,0 @@

help では次のように記載されている。

-N –new-file Treat absent files as empty.

ユースケースとしては、ディレクトリを2つ指定して、before/after を明示的に表示させたい場合など。

Tagged with: , ,
Posted in tip

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: