diff:対象ファイルが見つからない場合も差分表示

diff で比較を行う場合、比較対象となるファイルが見つからない場合、次のように”No such file or directory”とエラー出力される。

$ mkdir diff-N-test
$ cd diff-N-test
$ echo abc > a
$ diff -u a b
diff: b: No such file or directory

このような場合は -N オプションを指定することで、空の対象ファイルが存在するものと仮定した上で、差分表示させることが可能。

$ diff -uN a b
--- a   2009-10-25 11:12:47.000000000 +0900
+++ b   1970-01-01 09:00:00.000000000 +0900
@@ -1 +0,0 @@
-abc

help では次のように記載されている。

-N –new-file Treat absent files as empty.

ユースケースとしては、ディレクトリを2つ指定して、before/after を明示的に表示させたい場合など。

Advertisements
Tagged with: , ,
Posted in tip

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Archives
  • RT @__apf__: How to write a research paper: a guide for software engineers & practitioners. docs.google.com/presentation/d… /cc @inwyrd 4 months ago
  • RT @HayatoChiba: 昔、自然と対話しながら数学に打ち込んだら何かを悟れるのではと思いたち、専門書1つだけ持ってパワースポットで名高い奈良の山奥に1週間籠ったことがある。しかし泊まった民宿にドカベンが全巻揃っていたため、水島新司と対話しただけで1週間過ぎた。 それ… 5 months ago
  • RT @googlecloud: Ever wonder what underwater fiber optic internet cables look like? Look no further than this deep dive w/ @NatAndLo: https… 5 months ago
  • @ijin UTC+01:00 な時間帯で生活しています、、、 10 months ago
  • RT @mattcutts: Google's world-class Site Reliability Engineering team wrote a new book: amazon.com/Site-Reliabili… It's about managing produc… 1 year ago
%d bloggers like this: